« 2014年2月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

素足の季節

 

まだちょっと肌寒いものの、もうすぐGW

GWが近づくと我が家では部屋の模様替えが始まります

何故って もちろん、家庭訪問があるからです~

昨日も、せっせとカーペットを干してフローリングにワックスかけて・・・

たいして変わり映えしないけど、「やった」という達成感に満足

この季節になると、もうひとつ変わるのが・・・

そうです、素足の季節なのです

purpleのサロンでも、急に需要が増えるのがフットケアとペディキュアのコース

それから、半袖対策で二の腕ケアも急増です

「こんなことなら、冬の間もきちんとしとけばよかった~」と言うのもこの季節の決まり文句になっております

でも、比較的年齢層の高い我がサロンに訪れてくださる顧客の皆さま・・・

貴女方は素晴らしい

子育て・お仕事・PTAにお孫さんのお世話・・・・色んな役割に加えて、あっちが痛かったりこっちが不調だったり・・・しはじめる年齢にも関わらず、第一優先で「身だしなみと自分をいたわり愛する」ことを忘れない・・・

自分を愛せる人は、家族も他人も同じように愛せるはず

自分を愛するということは、きれいに掃除された部屋に自分をすまわし、愛情を込めた料理を自分に食べさせ、そして良質の睡眠を与え・・・常に笑顔を絶やさず丁寧に日々を過ごすこと

決して、面倒だからって掃除もしない、料理もしない、そんな風に自分を甘やかすのとは大きく違うのです

「美意識は、世界を救う」

purpleは、そう信じてやみません

どうぞ、皆さま・・・今日も一日丁寧にお過ごしください

今日のネイル

Kimg0752

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旬楽しむ

4月も半ば。

春は、何でも初物がたくさんでメッチャテンション上がります

つくづく昭和な家族だなぁ…と実感するのはこんなところ?
旬のものを、丸ごと手に入れて調理する楽しみ

今はもちろん筍ですね

頂き物もいいけど、やっぱり本場 「合馬の筍」

JAの朝市に行けば、市場価格の4分の1くらいでしかもほりたてが手に入ります 

誰とでもすぐに仲良くなれるpurpleは、筍農家さんに声をかけ一番柔らかくて美味しいのを選んでもらいます

ついでに上手なゆで方や調理のしかたも、熱心に聴くと皆さん丁寧に教えてくださいます

持ち帰ったら、鮮度を落とさぬよう皮をむきアクヌキをするのですが…
皮のままだと、大きなお鍋がいくつもいるので大変ですが、新鮮なものはあくが少ないので
皮をむいて茹でれるそうで、今回はそのようにしてみたら…あらまぁ簡単
糠もほんのちょっとでいいとか(糠までサービスでくれるんですよ)

さて、我が家の目的は…旬の物を丸ごと息子yellowに見せ、触らせ、味わわせること

筍の皮むきをすべてお任せ
ゲームとは違う楽しさに夢中になってむいてくれました

1397529418308

ゆで上がった筍で筍ご飯、天ぷら、バター醤油炒めなどなどを楽しみましたが、自分も参加したからこそ格別な美味しさだったようです

イベントや旅行やお買い物…
色んな楽しみってあるけれど、我が家の毎日はいつも変化や工夫がいっぱい
生きることが楽しいって本当に幸せですね

四季折々幸せを倍増させてくれる旬の物があるこの国は、本当に素晴らしい
と感じる春です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親孝行

先日の続き…

玄海の海の幸をたらふく頂いたあと、宮地嶽神社にお参りをし我が家御用達の温泉に向かいました

若宮にある脇田温泉は、広い敷地にいくつもの露天風呂があるpurpleおすすめの温泉です

青空を眺めながらの入浴は、何よりのストレス解消
出来ることなら雪が降る中入りたいものです

今回は、redをゆっくり入れてやりたいので、初めて家族風呂に入ってみました。

大きな露天ではないけれど、外が見えて風も入り何より他人に気を使わなくていいのがいいですね

久しぶりに親子水入らずでのんびり温泉を満喫しました

1393300997063

1393301005831_3


私達だけ楽しんでは申し訳ないと『今日は焼き肉食べに行くよ~』と連絡したら学校から書道教室に行ってたyellowと仕事に行ってたblueも大急ぎで帰ってきてお肉にありつきました

1393301013320


お昼にお寿司食べたのは、内緒(#^.^#)

親孝行…のつもりが妹孝行
ふふふ…大変だったのはwhiteだけど~

いつも、ありがと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この世に生を受けた日

49年前の今日、purpleはこの世に生を受けました

その母であるredと、たまたまの縁で久しぶりに二人で過ごすことが出来ました


redに、今日のことを思い出してもらおうと色々質問しましたが娘を産んだ日は思い出せなくなりました…


でも、『49年前の今日、私は貴女に産んでもらいました。はじめまして、どうぞよろしくお願いします産んでくれてありがとう』と言うと、ニコニコ笑って『こちらこそよろしくお願いします』だって


たわいない会話…

連れ立って歩き散歩をし、笑って過ごせる日がいったいあとどれくらい残されているのでしょう…


今更ながら、母をいとおしく思う小春日和


誕生日会は、後日改めてしようね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年5月 »